偏心シャフトの加工

サイズ7~900×Φ37

NC旋盤・矯正機・円筒研削盤を駆使し、職人の巧みな技術によって作り出される難易度の高い製品です。

六角カムシャフト

サイズ7~900×Φ20

NCNマガジン付フライスで平取り後、NC複合機で六角を加工し、焼き入れ後矯正機で100分の1単位の精度を出す精密な加工です。

クランプバー

サイズ860×Φ14

加工形状が複雑でかなり薄い部分があるのでマシニングセンターで加工する際、職人の技術を要します。焼き入れ後、薄い部分が必ず変形する特徴があり、矯正機による曲がり取りが大変難しく微妙な調整も職人技の一つです。

加工事例